2010年05月29日

後発品薬価収載、新規参入はキサラタンなど5成分37品目(医療介護CBニュース)

 厚生労働省は5月28日、後発医薬品79成分197品目の薬価基準収載を官報告示した。このうち、後発品が初めて参入したのは、緑内障・高眼圧症治療剤ラタノプロスト(先発品はファイザーのキサラタン点眼液0.005%)や、抗がん剤ゲムシタビン塩酸塩(日本イーライリリーのジェムザール注射用200mg、1g)などの計5成分37品目で、ラタノプロストには最多の22品目の後発品が参入した。

 このほかの初参入は、「抗がん剤ドキソルビシン塩酸塩(協和発酵キリンのアドリアシン注用10)」の4品目、「抗真菌剤ラノコナゾール(マルホのアスタット軟膏1%、クリーム1%、外用液1%)」の3品目、「免疫抑制剤ミゾリビン(旭化成ファーマのブレディニン錠25、50)」の2品目。ゲムシタビン塩酸塩は6品目だった。

 ラタノプロストとゲムシタビン塩酸塩については先発品が、4月から試行的に導入された、一定の条件の下で特許期間中の医薬品の薬価が下がらない「新薬創出・適応外薬解消等促進加算」を適用されているが、後発品の薬価算定は、加算を適用する前の、市場調査に基づいた実勢価格に七掛けする通常の後発品の薬価算定方法が用いられている。

 また、先発品と組成や剤形区分、規格が同じものが、既収載品と今回の収載品を合わせて20品目を超えた後発品で、最低価格に九掛けして薬価を付けたのは、抗血小板薬サルポグレラート塩酸塩(田辺三菱のアンプラーグ錠)の1成分4品目。

 薬価収載されたのは68企業で、このうち収載品目数が最も多かったのは沢井製薬の19品目。以下は、東和薬品の13品目、ニプロファーマ、マイラン製薬の各9品目、共和薬品工業、長生堂製薬の各8品目と続いた。なお、収載品目数が多い企業の常連で、薬事法違反による業務停止処分を受けた大洋薬品は、薬価基準収載を見送ると4月に発表している。

 今回の収載希望品目は249品目で、このうち収載希望が取り下げられた品目は45品目、告示不要品目は7品目だった。収載希望取り下げの理由について、厚労省の担当者は「販売体制の整備が水準に満たなかったこと」「安定供給に不安があったこと」を挙げている。


【関連記事】
日本の後発品市場「非常に興味ある」―サノフィCEO
初の国産バイオ後続品を新発売
08年度の後発品シェアは数量ベースで17.6%―日本ジェネリック製薬協会
後発品大手2社、今年度予想は2ケタ台の増収・増益
5月薬価収載見送り、製造販売品目見直しへ―大洋薬品

<違憲判決>労災で顔にやけど「性別で差」は違憲…京都地裁(毎日新聞)
<サンゴ>和歌山・白浜沖に 、「しららサンゴ群集」と命名(毎日新聞)
民主・渡部氏、参院過半数割れなら首相辞任不可避(産経新聞)
事業仕分け 電気メーター検定を見直し 実務丸投げ「資格・検査」法人(産経新聞)
首相「環境に配慮した新しい形をつくる」 普天間飛行場の辺野古移設で(産経新聞)
posted by トリゴエ ヤスオ at 08:05| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月18日

無症状キャリアーは対象外=救済案、国側が一時検討―B型肝炎訴訟(時事通信)

 札幌地裁で和解協議入りしたB型肝炎訴訟で、国側が無症状の持続感染者(キャリアー)を賠償の対象外とする案を検討していたことが14日、関係者の話で分かった。母子手帳の所持を要件とする救済の枠組みも議論したが結論に達せず、具体的な救済案の提示は見送られたという。
 今後の和解協議に向け、国側がまとめる救済案では、推計130万人とも言われるキャリアーの扱いも焦点となりそうだ。
 キャリアーのうち慢性肝炎などを発症するのは10〜15%で大半は症状の無いまま済む。原告側は未提訴のキャリアーへの救済も訴えている。 

【関連ニュース】
来週中にも原告と面談=B型肝炎訴訟で厚労相
「解決いつになったら」=全国の原告が記者会見-B型肝炎訴訟
理解得られる解決策探る=和解協議入りでコメント
リコール非対象の原告除外を要求=米集団訴訟が初審理
国側、和解協議入り表明=救済案提示は「7月上旬」-B型肝炎訴訟・札幌地裁

普天間移設 防衛相、沖縄知事と会談 政府案の理解求める(毎日新聞)
<掘り出しニュース>北海道で高齢者がオリジナル映画4作目 崔洋一監督が全面協力(毎日新聞)
首相動静(5月11日)(時事通信)
台湾調査船がEEZ内航行、日本の同意なし(読売新聞)
嫁不足…狙われる東北の農家 純粋な男心を弄ばれた被害者の心の叫び(産経新聞)
posted by トリゴエ ヤスオ at 17:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月11日

踏切横断で3万人影響 朝のJR大阪環状線(産経新聞)

 6日午前8時10分ごろ、大阪市天王寺区茶臼山町のJR大阪環状線天王寺−新今宮駅間の一ツ家踏切手前で、走行中の下り快速電車の運転士が踏切内を横断する人を見つけ、電車を急停車させた。運転士が確認したところ、すでに人はおらず、運転を再開。乗客約520人にけがはなかった。

 JR西日本によると、この影響で大阪環状線や阪和線など上下線計19本が運休、計21本が最大16分遅れ、約3万人に影響した。

【関連記事】
線路で空き缶拾い JR関西線遅れで4万人に影響 大阪
急ピッチ 空に続く最速鉄道 成田スカイアクセスで走行試験
防げ「撮り鉄」暴走!山陰線は厳戒 複線化あす記念電車
昨年度の人為ミス52件 JR九州が年度統計を初公表
「踏切観察」静かなブーム 「昭和」の香りのシンボル

未承認医療機器、早期導入の要望を募集―厚労省(医療介護CBニュース)
20年以降 近畿で72件 消火器「攻撃」悩める教会 (産経新聞)
【お財布術】「特典付きホテル」編 おまけでお得の宿泊プラン(産経新聞)
東京・大阪で、若さの栄養学協会講演会(医療介護CBニュース)
<B型肝炎訴訟>和解協議へ 原告「1日も早く解決案示せ」(毎日新聞)
posted by トリゴエ ヤスオ at 11:47| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。