2010年01月21日

公有地に神社は「違憲」 北海道砂川市の政教分離訴訟、最高裁大法廷(産経新聞)

 北海道砂川市が市有地を「空知太(そらちぶと)神社」に無償で使用させていることが、憲法の定める政教分離原則に違反するかどうかが争点になった訴訟の上告審判決が20日、最高裁大法廷(裁判長・竹崎博允長官)であり、大法廷は違憲とする憲法判断を示した。

 政教分離原則をめぐる過去の訴訟で、違憲と判断されたのは平成9年の愛媛玉串料訴訟だけで、今回が2件目。

【関連記事】
ターゲットは公明党・創価学会 民主が宗教と民主主義研究会
【外信コラム】パリの屋根の下で 「ブルカ」「ニカーブ」の下の素顔
問題山積の外国人参政権 憲法違反の疑い、キャスチングボートにも…
「一票の格差2倍は違憲」訴訟、双方が上告
時代遅れ?「姦淫罪で処罰」は違憲 韓国憲法裁

ハイチ大地震 交錯する怒りと嘆き、進まぬ支援(産経新聞)
水俣病最大の訴訟派団体、和解協議決める(読売新聞)
大阪・羽曳野で男が猟銃発砲 3人死傷、男は自殺(産経新聞)
日米同盟深化が肝要=自衛隊幹部に訓示−鳩山首相(時事通信)
「終わって安堵している」=海自部隊、最後の給油−相手国から「ジャパンコール」(時事通信)
posted by トリゴエ ヤスオ at 05:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。